プロミス 沖縄

計画性がない、将来性がない人

計画性がない、将来性がない人

 

「お金を借りる人」でイメージされるのは、基本的にマイナスのイメージである。その中で、「お金を借りる人」ですぐに出てくるイメージは、経済的に生活するのが厳しくなり、消費者金融などでお金を借りるようになった社会人である。その社会人に対して、さらに二点、具体的なイメージ、印象が浮かぶ。まず第一に、「お金を借りる人」は「計画性がない人」であるというイメージが強い。家計のやりくりなどを計画的に行うことができず、目先の利益のみを追い求める人が、最終的に行き着くのが「お金を借りる」行為であると感じる。第二に、「お金を借りる人」は「将来性がない人」であるというイメージを感じる。お金を借りた時点で、その人の経済的な水準は、マイナスとなる。0からのスタートよりも、マイナスからのスタートの方がはるかに苛酷だし、0スタートの人に追いつくにも、相当な時間を要する。そのため「お金を借りる人」に対して、経済的に将来性が無いようなイメージを感じてしまう。

 

生活に困っている人・ギャンブル依存症

 

計画性がない、将来性がない人

 

以前は、お金を借りるのは、余程生活に困っている人のイメージがありました。会社が倒産して・・とかで、もう食べるものがないような感じで、切羽詰っている感じがしました。もう返せない・・とか悲惨なイメージです。利子が重なり、余計つらくなって、どんどん色々な所から借りてしまうような。そして、自己破産に繋がる、とか。
でも今は、割と行政の方でも困窮者に対しての措置が整ってきたと思うので、そんなに困っていない人でも、借りるのかなと思います。資金繰りに少しまとまったお金が欲しいとか、ちょっと今月足りないので、少し借りようかなとか。すぐに返せるような感じで気軽に借りられる。友人・知人とかだと、トラブルになりやすいので、よくある むじんくん のような機械で借りる。ちょっと手元になくて困ってしまったけど、無利子のまま、返却できる。そんな人もいると思います。一番記憶にあるのは、武富士の事件です。ギャンブル依存症は、怖いです。