プロミス 沖縄

泥沼へ足を踏み出していくイメージ

泥沼へ足を踏み出していくイメージ

 

お金を借りるとなると、企業を立ち上げる、独立する、未来への投資を行うなど、前向きなイメージのものも有りますしかし、多くの場合は支払いができない、今晩食事すらままならない、そういったお金に関して行き詰まってしまった時に借りてしまうと思います。それが親戚など身内であれば返す目処さえたてばなんとか返済にこぎつけることもできると思いますが、金融機関などから借りてしまうと、もちろん返す金額は借りた額と同じではありません。つまりは今日を乗り越えても明日を乗り越えられるとは限りません。それまで以上に節約等しなければ返せませんし、一度借りてしまうと同じように困ると又借りてしまうと思います。そういったところで、踏み出すとその重みでどんどん沈んでいく沼への1歩だとイメージしました。なので私にとってお金を借りるということは良いものではない、というほうがつよいです。そして借りる人はどんどん沈んでいき戻ってこれない人だと思います。"

 

お金の使い方に計画性の無い人

 

泥沼へ足を踏み出していくイメージ

 

第一印象としてはお金にだらしの無い人、計画性の無い人と言うイメージを持ってしまいます。実際には色々計画的に借りたり、返済の目処がしっかりしている上で借りる、急に大変な状況になってかりざるおえないと言う人も居るのかもしれませんがそう言う人はほんの一部なのかなと思います。真面目に働いて給料が少なかったとしても、数ヶ月暮らす中でどの程度の生活を送ればその金額に見合った生活になるのかもわかってきますし、毎月慢性的に資金不足になるのであれば職業自体を見直さなくてはいけないと考えると思うからです。にも関わらず他者に借金をすると言うことはそう言った考えの出来ない人、計画性の無い人と思ってしまいます。しかし、本当にそれしか方法が無くて借り入れる人、自分に何の非も無いのに急に多額のお金が入り様になってしまってお金のあてが無くて仕方無くという人もいると思うのでそう言ったイメージを持つと言うのもあまりよく無いのかなとも思います。