プロミス 沖縄

お金に困っている人なんだと思う

お金に困っている人なんだと思う

 

住宅ローンのように、人生における大きな買い物でのローンを除いて、お金を借りる=マイナスなイメージでしかありません。新社会人などの若い世代ならば、やりくりが上手くいっていないのかな など収入も少ない時期はそれなりに過ごしたらいいのに。と老婆心ながらに感じることがあります。いい年の大人がお金を借りなければ生活やレジャーに困る・・というのはみっともなく思っているので、自分のお財布と相談してすごすべきと思っています。 クレジットカードでのお買い物くらいはオンライン決済も普及しているご時世ですし、アリだとは思うのですが。もちろんクレジットカードだって、一時的には借入の類かと理解はしていますが、自分で選ぶのはここまで。キャッシングやフリーローンは利用しなくても十分過ごせるように自身の努力がいくばくかは必要かと感じています。 よっぽどお金に困ったら利用を考えるのかもしれませんが、そうなる前にパートに行ってでも回避策を講じたいですね。

 

自分の金銭管理をしっかりできてないイメージ

 

お金に困っている人なんだと思う

 

お金を借りる人はお金の管理ができていない人だと思います。乗用車や住宅の購入に際するローンは多くの人が行い、私自身正当、必要だと思います。しかし、「今月厳しいから」や「〜が買いたいから」などと言い、お金を借りるのは自分自身の支払い能力を理解できていないからだと思います。自分自身の支払い能力内で生活し、物を買うことが普通だと思います。そういう人は、繰り返しお金を借りると思いますし、躊躇がないと思います。そして、借金が借金を呼び、どんどん膨れ上がるのではないでしょうか。だからお金をよく借りる人とはお付き合いしたくないですし、あまり関わりたくありません。つまり、社会的評価はあまりよくないと思います。ほしいものがある場合は、本当に必要なのか考え、どうしても買いたいのであれば貯金をして買うべきだと考えます。お金を借りないように金銭管理をすることはしいては自分自身の管理にもつながると思うので、お金を借りないことが重要ではないかと思います。