プロミス 沖縄

だらしない、貧乏

だらしない、貧乏

 

 

お金を借りる人は、お金に関してルーズな印象だけではなく、あくまで私のイメージですが、時間や仕事、人間関係等すべての生活に置いてルーズな印象があります。私の友人の話なのですが、学生時代いろいろな友達からお金を借りていて、特に親しい友人からは5、6万ずつほど借りていて、結局学校を卒業してからもまだ全額返していないようでした。また、友達にお金を借りて、そのお金を彼女とのデートやプレゼント代に当てており、かなり周りの知人の信用を失っていた印象があります。
ちなみにその友人は遊びだけでなくアルバイトなどの遅刻常習犯で、今は無職です。その友人のせいか、かなりルーズな印象です。最近ではア○ムやプ○ミスなどのテレビCMで気軽にお金を借りることが出来るようなイメージがありますが、そのようなcmを包装すること自体、あまり良い印象ではないですね。家庭の事情、思わぬ病気等がある方はしかたのないことなのかもしれませんが・・・

 

計画性がない

 

だらしない、貧乏

 

ぶっちゃけて言えば基本的に悪いイメージしかないです。どうしても急な出費(例えば学費とか)で必要になったとかよく聞きますがそういう時のための貯金じゃないのかなと私は思いますね。あと、お金を借りる人って家計簿とか付けてちゃんと管理してないんじゃないのかなぁとも思います。目に見える形で管理するって結構大事ですよ。余計な物を買ったりしてたら次から気をつけようって思えますからね。計画性を養う上でも家計簿をつけることは本当に大事です。それでもどうしても貯金でも賄えない大きな出費が出たときや貯金も無くて生活も危うい人はまず身内に頼むなり、もしくは役所でお金を借りれる制度に該当していないか聞きに言ったりしてみるべき。一番やっちゃいけないことはキャッシングだと思います。利子がついて余計なお金まで返さなくてはいけなくなりますから。まあ、そういう事が考えられる人は借金とかしないのかなとは思いますけれども。とにかく、お金は借りるなって言いたいです。