プロミス 沖縄

見栄っ張りで浪費癖がある人

見栄っ張りで浪費癖がある人

 

お金を借りる人の全てがそうだとは思ってはいません。本当に困ってお金を借りなければならない人もいると思うのですが、大抵の人は浪費癖のある人がお金を借金したり、キャッシングしたりするのではないかと思います。そして、何でも欲しいというか、お金持ちでもないのに、見栄っ張りなため高価なものを購入したくなる人にお金を借りるイメージがあります。それは自分の為だけでなく、他の人へプレゼントをする為の時もあって、高価なものを買えない=お金がない=恥ずかしいと思ってしまい、ついつい借金をしてまでも、色々なものを購入してしまう。そして「なんとかなるだろう」という甘い考えも持っているような気がします。そういう人は借金に借金を重ねていって、結局はどんどん自分を追い詰めていってしまい、だけども浪費してしまうような一種の心の病気でもあるような気がします。お金を使うことで自分に自信が持てて、満足感を得られるようなそんな気分になれる人が、借金をしていくようなイメージがあります。

 

これまでに計画的に貯金していない人が多そうなイメージ

 

見栄っ張りで浪費癖がある人

 

病気になって働けなくて急な貧困でとかもあるかもしれませんが、急な出費のために貯金をしていない、「宵越しの金を持たないタイプ」の人も多いんじゃないかなとイメージとして思います。稼いだ分だけ使ってしまうタイプですね。稼げる人でもついつい稼いだ分だけ物につぎ込んでしまう人も多いようですが、無計画に出費していると、年齢に関わらずアクシデントで事故や病気など青天の霹靂でいつ降りかかるかわからないと思います。そんな時に手をつけない貯金を持っていない人が多いのかなとイメージしました。それと、お金を借りることの重みをとても軽く考えている人も多いような気がします。すぐ返せると思ってカジュアルに借りてしまうような。借金は早く返さないとどんどん利息がかかってくること、学生時代の奨学金の返済でも苦しんでいる人がいるように簡単ではないので、借金という負を背負う前に現金払い出来る範囲でやりくりしていく金銭感覚はすごく大事だと思います。